メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

パルコ「ハングマン」 絞首刑制度、ダークな笑いに=評・濱田元子

 やっぱり期待を裏切らない。映画でも注目の英劇作家、マーティン・マクドナー。久々の日本初演作は、英国で1965年に廃止された絞首刑制度を、ダークな笑いたっぷりに俎上(そじょう)に載せた。マクドナーらしい、いずれもクセ者の登場人物を、個性派ぞろいの俳優陣が快演している。小川絵梨子訳、長塚圭史演出。

 舞台は英北西部のオールダム。死刑制度が廃止になった日、英国で「2番目に」有名だったハングマン(絞首刑執行人)、ハリー(田中哲司)が営むパブに、都会的な雰囲気の謎めいた男ムーニー(大東駿介)が姿を現したことが騒動の発端となる。

 鍵となるのが、2年前にハリーが執行した絞首刑。ヘネシー(村上航)は無罪を叫んで死んでいったのだ。

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文802文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです