メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

パルコ「ハングマン」 絞首刑制度、ダークな笑いに=評・濱田元子

 やっぱり期待を裏切らない。映画でも注目の英劇作家、マーティン・マクドナー。久々の日本初演作は、英国で1965年に廃止された絞首刑制度を、ダークな笑いたっぷりに俎上(そじょう)に載せた。マクドナーらしい、いずれもクセ者の登場人物を、個性派ぞろいの俳優陣が快演している。小川絵梨子訳、長塚圭史演出。

 舞台は英北西部のオールダム。死刑制度が廃止になった日、英国で「2番目に」有名だったハングマン(絞首刑執行人)、ハリー(田中哲司)が営むパブに、都会的な雰囲気の謎めいた男ムーニー(大東駿介)が姿を現したことが騒動の発端となる。

 鍵となるのが、2年前にハリーが執行した絞首刑。ヘネシー(村上航)は無罪を叫んで死んでいったのだ。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  2. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  5. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです