電車の放送

やさしくない 日本で暮らす外国人 長文・敬語避けて 日本語教室調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
実際に流れているアナウンスの内容
実際に流れているアナウンスの内容

 鉄道のアナウンスは、外国人に伝わっているのか--。日本語教室を運営する企業組合「にほんごの会」が首都圏の鉄道のアナウンスを調べたところ、文章が長かったり敬語が多かったりしてわかりにくいことが浮き彫りになった。災害情報を外国人に伝えるために考えられた「やさしい日本語」を自治体などが取り入れる中、同会は「アナウンスを『やさしく』言い換えることは不可能ではない」と訴えている。【金秀蓮】

 調査は2017年11~12月、日本滞在歴が1年以上または日本語学習歴が6カ月以上の外国人21人を対象に実施した。同会が首都圏を走る電車と新幹線の計23路線のホームや車内に流れるアナウンスを、計28時間11分録音。外国人に聞いてもらい、わかりにくい表現を調べた。

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文954文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集