メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大観を語る

中村獅童さん(歌舞伎役者) 伝統の中に新しさ

 音声ガイドでナビゲーター役を務めていますが、大観の「型から入って型を棄(す)てよ」という言葉に感銘を受けました。歌舞伎でも型を習得し、それを崩すことで自分のやり方が生まれます。他の芸術でもそうですが、型を習得すれば表現の幅が広がります。歌舞伎役者として生きる上で大切にしたい言葉です。

 以前、映画「天心」で、大観役を演じたことから思うに、彼は情熱的な人だ…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. 日本、33%で平均大きく上回る 新型コロナ重症化リスク 世界で17億人

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです