メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

資金集め

横国大学生ら、CF通じ 南米の貧困地域支援を 生活改善講座や施設建設 /神奈川

 横浜国立大(横浜市保土ケ谷区)の学生らが、南米のパラグアイのスラム地域を支援するため、クラウドファンディング(CF)を通じた資金集めを始めた。現地の青年らと協力し、住民が栄養について学ぶ講座の開催やコミュニティーセンターの建設を目指す。プロジェクトを担当する藤掛洋子教授(開発人類学)は「同じ地球上に生きる人間として、途上国の人たちに思いをはせてほしい」と協力を呼びかけている。【杉山雄飛】

 資金を募って支援するカテウラ地区は、パラグアイの首都アスンシオンの郊外にあり、同国最大のゴミ集積地区とされる。住民の中にはゴミの分別で生計を立てる人も多く、性暴力など治安面での問題も絶えない。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. 橋本五輪相 聖火リレー「体調不良の方は沿道来ないで」 新型肺炎

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. WHO「致死率を考慮すると想定内」 クルーズ船2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです