メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激震

18知事選 支持獲得へ3候補全力 最後の日曜、各地で訴え /新潟

 米山隆一前知事の辞職に伴う知事選(10日投開票)は3日、選挙期間中最後の日曜日を迎えた。東京電力柏崎刈羽原発の再稼働問題や中央政界での与野党対立構図も絡み、激戦の様相を見せるこの知事選。3人の候補者たちは少しでも支持を広げようと、額に汗して繁華街や商業地などを駆け巡った。立候補しているのはいずれも無所属新人で届け出順に、元五泉市議の安中聡氏(40)▽自民、公明両党が支持する元副知事の花角英世氏(60)▽立憲民主、国民民主、共産、自由、社民の5党と衆院会派「無所属の会」推薦の元県議、池田千賀子氏(57)。

この記事は有料記事です。

残り1808文字(全文2063文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悩み抱えるコロナ感染者 専門家「早めに周囲に助け求めて」 30代女性、命絶つ

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです