メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人ふでがき

長野県立大ソーシャル・イノベーション創出センター長 大室悦賀さん /長野

世界を基準に企業育てる 大室悦賀さん(57)=長野市

 4月に開学した長野県立大でソーシャル・イノベーション創出センター長を務める。「ソーシャル・イノベーション」とは、起業や企業活動を通じ、社会の課題に立ち向かう取り組みのこと。長野をはじめとした地域社会は今、少子高齢化や人口減少など数多くの問題を抱える。センターは起業家、企業からの専門的な相談に応じ、課題解決を助ける。「世界を基準に、良い企業をたくさん育てる。それが僕に与えられたミッション」と語る。

 東京都内で生まれ育ち、学生時代は野球に熱中した。大学卒業後、食品会社を経て府中市役所の職員に。30歳を過ぎた頃、「なぜ行政組織は必要なのか」と疑問を抱き、働きながら大学院に通い始めた。「仕事を終えて研究して、寝たらまた仕事して。それまできちんと勉強した経験がなく、苦しかった」。行政組織やNPO、企業の研究を続け、40代前半に市役所を辞めて「プロの研究者」に転向した。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです