メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人ふでがき

長野県立大ソーシャル・イノベーション創出センター長 大室悦賀さん /長野

世界を基準に企業育てる 大室悦賀さん(57)=長野市

 4月に開学した長野県立大でソーシャル・イノベーション創出センター長を務める。「ソーシャル・イノベーション」とは、起業や企業活動を通じ、社会の課題に立ち向かう取り組みのこと。長野をはじめとした地域社会は今、少子高齢化や人口減少など数多くの問題を抱える。センターは起業家、企業からの専門的な相談に応じ、課題解決を助ける。「世界を基準に、良い企業をたくさん育てる。それが僕に与えられたミッション」と語る。

 東京都内で生まれ育ち、学生時代は野球に熱中した。大学卒業後、食品会社を経て府中市役所の職員に。30…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです