メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日紙上書道展

18年度第1回 入賞作品決まる /和歌山

応募作品から優秀賞などを選ぶ審査員たち=和歌山市六番丁の毎日新聞和歌山支局で、木原真希撮影

 2018年度第1回「毎日紙上書道展」(毎日新聞和歌山支局主催)の審査が3日、和歌山市六番丁の支局であり、各部門の入賞作品が決まった。幼児・小学校低学年から一般まで5部門計602点の応募作の中から、毎日書道展会員ら審査員が優秀賞と佳作を選んだ。

 受賞者は次の通り。(敬称略。優秀賞作品は21日、佳作入賞者氏名は23日に掲載予定)

 【幼児・小学校低学年】宮下來花、西端廉斗、中村颯佑、岩本芽依、橋本早究、浜田泰輔【小学校高学年】岡…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文458文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです