メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
わかやまスポーツ・お宝を巡る

智弁和歌山・甲子園優勝記念碑 「今夏も名を刻んで」 /和歌山

1997年の夏の甲子園で優勝したメンバーがマウンドに集まる様子が彫られている記念碑。この中に中谷仁コーチもいた=和歌山市冬野の智弁和歌山高校で、木原真希撮影

 今春の第90回記念選抜高校野球大会で準々決勝、準決勝と2度の大逆転劇を繰り広げ、18年ぶりに準優勝した智弁和歌山高校野球部。24年ぶりの優勝こそかなわなかったが、春夏合わせて甲子園での優勝3回など輝かしい歴史を刻んできた。和歌山市冬野の校内には、その優勝をたたえる記念碑がある。

 高さ約2・5メートル、幅1・8メートルの大理石製で、体育館前に建っている。表には、1997年の夏の甲子園で優勝を決め、マウンドに集まる選手たちの様子が彫られている。夏の甲子園の優勝盾やメダルを手掛けた彫…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  3. 「県民優先、上田県政継承」で伸び悩み克服 大野氏 埼玉知事選初当選

  4. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  5. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです