メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わかやまスポーツ・お宝を巡る

智弁和歌山・甲子園優勝記念碑 「今夏も名を刻んで」 /和歌山

1997年の夏の甲子園で優勝したメンバーがマウンドに集まる様子が彫られている記念碑。この中に中谷仁コーチもいた=和歌山市冬野の智弁和歌山高校で、木原真希撮影

 今春の第90回記念選抜高校野球大会で準々決勝、準決勝と2度の大逆転劇を繰り広げ、18年ぶりに準優勝した智弁和歌山高校野球部。24年ぶりの優勝こそかなわなかったが、春夏合わせて甲子園での優勝3回など輝かしい歴史を刻んできた。和歌山市冬野の校内には、その優勝をたたえる記念碑がある。

 高さ約2・5メートル、幅1・8メートルの大理石製で、体育館前に建っている。表には、1997年の夏の甲子園で優勝を決め、マウンドに集まる選手たちの様子が彫られている。夏の甲子園の優勝盾やメダルを手掛けた彫…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです