メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7財務相会議

米保護主義に反撃 6カ国、我慢の限界

記者会見で米国を批判するカナダのモルノー財務相(右)。左はカナダ銀行のポロズ総裁=カナダ西部ウィスラーで2日、ロイター

 【ウィスラー(カナダ西部)清水憲司】日米欧の主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議で、日本など6カ国が異例の米国批判に踏み切ったのは、トランプ政権の保護主義政策が、「口先」ではなく「現実」の脅威になったためだ。トランプ米大統領が出席する8日開幕のG7首脳会議(サミット)で改めて協議することになるが、トランプ氏は批判されると、やり返す傾向がある。亀裂が一層深まり、G7の存在意義が問われることにもなりかねない。

 「米国の追加関税は破壊的だ」。議長を務めたカナダのモルノー財務相は2日(日本時間3日)の記者会見で…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文939文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田
  5. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]