G7財務相会議

米保護主義に反撃 6カ国、我慢の限界

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で米国を批判するカナダのモルノー財務相(右)。左はカナダ銀行のポロズ総裁=カナダ西部ウィスラーで2日、ロイター
記者会見で米国を批判するカナダのモルノー財務相(右)。左はカナダ銀行のポロズ総裁=カナダ西部ウィスラーで2日、ロイター

 【ウィスラー(カナダ西部)清水憲司】日米欧の主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議で、日本など6カ国が異例の米国批判に踏み切ったのは、トランプ政権の保護主義政策が、「口先」ではなく「現実」の脅威になったためだ。トランプ米大統領が出席する8日開幕のG7首脳会議(サミット)で改めて協議することになるが、トランプ氏は批判されると、やり返す傾向がある。亀裂が一層深まり、G7の存在意義が問われることにもなりかねない。

 「米国の追加関税は破壊的だ」。議長を務めたカナダのモルノー財務相は2日(日本時間3日)の記者会見で、米国の鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限を厳しく批判。閉幕後に出した議長総括は、世界の自由貿易体制に「米国の一方的な貿易措置が負の影響を及ぼす」などと、あからさまな米国批判を展開した。

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文939文字)

あわせて読みたい

注目の特集