メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

がんゲノム医療、草創期 変異の発見容易に 薬限られ、治療効果に課題

がんゲノム医療の中核拠点病院と連携病院数

 がん患者のゲノム(全遺伝情報)を調べて治療に生かす「がんゲノム医療」が広がりをみせている。4月に全国100カ所以上の病院でスタートしたほか、国立がん研究センターがゲノム医療に関する情報を集約する管理センターを今月1日に開設した。一方、治療効果が見込めたりする患者はわずかで、遺伝性のがんが見つかった場合の告知のあり方など課題は多い。【酒井雅浩、阿部亮介】

 「まだ先に可能性があると知ることができ、希望が持てた」。千葉県船橋市の薬剤師、浮田一信さん(60)は、自身の遺伝子を検査して治療法が見つかった時の喜びをこう語った。

この記事は有料記事です。

残り1955文字(全文2216文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  2. 「アカデミー賞はどうなってるんだ」トランプ氏、韓国作品の受賞に不満

  3. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです