メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

がんゲノム医療、草創期 変異の発見容易に 薬限られ、治療効果に課題

がんゲノム医療の中核拠点病院と連携病院数

 がん患者のゲノム(全遺伝情報)を調べて治療に生かす「がんゲノム医療」が広がりをみせている。4月に全国100カ所以上の病院でスタートしたほか、国立がん研究センターがゲノム医療に関する情報を集約する管理センターを今月1日に開設した。一方、治療効果が見込めたりする患者はわずかで、遺伝性のがんが見つかった場合の告知のあり方など課題は多い。【酒井雅浩、阿部亮介】

 「まだ先に可能性があると知ることができ、希望が持てた」。千葉県船橋市の薬剤師、浮田一信さん(60)は、自身の遺伝子を検査して治療法が見つかった時の喜びをこう語った。

この記事は有料記事です。

残り1955文字(全文2216文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 警視庁が20代男性を誤認逮捕 1人の証言をうのみ 33時間後に釈放

  3. サムスン電子の李健熙会長が死去 創業家2代目、世界的ブランドに育てる

  4. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです