メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TSUTAYA注目作

父を殺した組織に復しゅう 拳銃の罠

(C)1958 BY PARAMOUNT PICTURES CORPORATION, PARKWOOD ENTERPRISE, INC. AND HEATH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 「TSUTAYA発掘良品コーナー」で6日からDVDレンタルが始まる「拳銃の罠(わな)」(1958年製作)。指名手配犯を連行するため、命を狙われながらも正義を貫く男のサスペンス映画だ。灼熱(しゃくねつ)の荒野が舞台で、殺人や銃撃戦が頻発する無法地帯ぶりなど西部劇風の要素も多い。親子や兄弟間の確執といった心情・人間関係が物語の鍵となる。

 犯罪組織の顧問弁護士をしている主人公ラルフが久しぶりに帰郷し、絶縁していた保安官の父親を訪ねる。組織のボス、マソネッティをメキシコへ逃がすため、飛行場の警備を解除してもらうよう依頼するためだった。息子の命がかかっていると知った父は、部下の引き揚げを了承する。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. SMAP再結成「ゼロではない」 中居正広さん「燃え尽き」否定も仕事への意欲湧かず 

  5. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです