メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【写真1】

 じめじめとした梅雨シーズン。気温も湿度も高い日が続くと、キッチンや風呂場にカビが生えないか気になる。掃除の際、気をつけるポイントは?

 ●スクイジーが活躍

 カビなどの微生物による被害防止について研究している衛生微生物研究センター(東京都葛飾区)によると、カビが生えるのは湿度80%以上の条件下。室内湿度が80%以下でも、カビの胞子が付着した表面に水分と栄養となるほこりや汚れがあれば発生してしまう。カビ防止には風通しを良くして湿気を逃がすことに加え、水滴をこまめに拭き取ることが大切だ。

 家事代行サービス「CaSy(カジー)」スタッフとして多くの住宅掃除を手がけてきた豊島由佳梨さんは、浴室内の水滴対策にT字形の掃除用具「スクイジー」を勧める。シャワーで壁や床に残ったせっけん成分を洗い流したら、スクイジーで上から下に壁面の水気を切る=写真[1]。換気するときは、窓だけでなく浴室や洗面所の扉を少し開けておくと風の通りが良くなる。

この記事は有料記事です。

残り826文字(全文1241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです