メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

勉強も仕事も妥協せず=女優・上白石萌歌さん

 8日に公開になる「羊と鋼の森」という映画に出演します。昨年1月から2月にかけて、北海道で撮影しました。

 当時、東京都内の高校に通う2年生だったので、勉強が遅れないようにと現場に各教科の資料を持っていったり、撮影の合間に家庭科の課題だったミサンガづくりをしたりと大変だったことを思い出します。授業でとったノートを撮影した画像をスマートフォンに送ってくれる友だちもいて、優しさが身に染みました。作品でピアニストの高校生の役を演じるので、ピアノの練習もたくさんしました。音楽の授業みたいでしたね。

 高校の友だちは大切な存在です。学校が終われば、映画館やカラオケに行ったり、もんじゃ焼きを食べたり、一緒にさまざまな思い出をつくりました。学校に通いながら仕事をすることについて、特別視されることはありませんでしたし、私も特別なことだと思っていませんでした。昔から負けん気の強い性格で、勉強も仕事も妥協せずに頑張ったことは確かです。でも、周りも部活動やダンスのレッスン、アルバイトなどに打ち込んでいて、…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. 一斉休校は「科学より政治の悪い例」 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです