メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

選択広げ、転勤での離職防ぐ

1カ月のうち2週間、東京都内で働く日出美紗子さん=東京都墨田区で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 共働き世帯にとって、配偶者の転勤は悩ましい問題だ。労働市場や社会の変化により、「別居か離職か」という二者択一ではない選択肢が生まれている。現状と課題を探った。

 ●出産間近に控え

 「広島に転勤になりました」--。昨年3月、ウエディングプランナーの日出(ひので)美紗子さん(31)は、スマートフォンに届いたメッセージに目を疑った。送り主は人材会社勤務の夫(31)。第1子となる長男(1)の出産を3日後に控え、病院から帰る途中だった。オーダーメード挙式を手がける「クレイジー」(東京都墨田区)に入社して約1年半。会社近くのマンションに住み、出産後は早めに仕事に復帰するつもりだった。

 夫は単身赴任を覚悟した。一方、日出さんには家族が離れて暮らすことは考えられなかった。出産後の2カ月を埼玉県の実家で過ごし、一足先に赴任した夫を追うように、昨年5月、広島へ引っ越した。

この記事は有料記事です。

残り2149文字(全文2546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 「世界の人々に感謝」 カナダ在住の被爆者サーロー節子さん、発効目前の核兵器禁止条約に

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです