メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

話す受験英語、予備校が講座 導入控え、高1向け

受講生と英語で会話する河合塾の安井稚乃講師=横浜市で

 <kyoiku no mado>

 センター試験に代えて2020年度に始まる大学入学共通テストは、現在の高校1年生が初めて受けることになる。「読む」「書く」「聞く」に「話す」技能も含めた4技能を測るため、新たに活用される英語の民間資格・検定試験は、1年10カ月後の20年4月から受験が可能となる。高1対象の授業にスピーキングを取り入れた予備校もあり、「講師から受講生へ」という一方向の講義が当たり前だった予備校の風景も変わりつつある。【伊澤拓也】

この記事は有料記事です。

残り1979文字(全文2202文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです