メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

話す受験英語、予備校が講座 導入控え、高1向け

受講生と英語で会話する河合塾の安井稚乃講師=横浜市で

 <kyoiku no mado>

 センター試験に代えて2020年度に始まる大学入学共通テストは、現在の高校1年生が初めて受けることになる。「読む」「書く」「聞く」に「話す」技能も含めた4技能を測るため、新たに活用される英語の民間資格・検定試験は、1年10カ月後の20年4月から受験が可能となる。高1対象の授業にスピーキングを取り入れた予備校もあり、「講師から受講生へ」という一方向の講義が当たり前だった予備校の風景も変わりつつある。【伊澤拓也】

この記事は有料記事です。

残り1979文字(全文2202文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  5. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです