メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
週刊サラダぼうる・TOKIO城島

出会いに感謝 梅雨が来るたびに

 いよいよ梅雨の月に入りましたが皆様洗濯物はいかがお干しでしょうか。いつものように「いかがお過ごしでしょうか」といきたいところですが雨が降るとあちこち古傷が疼(うず)く城島です。

 さて今回は梅雨にまつわるお話を。学生の頃はこの時期が来るたびにどんよりとした空模様よろしく憂鬱な日々を過ごしたのでした。その理由は今思えば「貴様は何のために学校に通っとるのか!」と昔の自分にゲンコツを食らわせたいほど。学費や修学旅行の積み立ての支払いはボディーブローのように城島家の懐をえぐっていたであろうに。

 にもかかわらずティーンエージャーとなって洒落(しゃれ)っ気を出し始めたのか、朝の支度時に雨の湿気で…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文712文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです