メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西野Jのトレンド

サッカー/2 出身所属の変化 ユース組、徐々に増え

W杯各大会の日本代表選手の出身母体

 サッカー日本代表のワールドカップ(W杯)初出場から今回のロシア大会で20年。Jリーグが始まった1993年からも四半世紀が過ぎ、日本代表選手の最終出身母体(プロになる直前の所属)も変化してきた。

 98年フランス大会はユース(プロクラブの下部組織)出身者はブラジルで育ったFW呂比須のみ。大学出身が11人で、高校出身の10人より多いのが時代を表している。

 Jリーグが各クラブに育成プログラムの展開を義務づけたことから、その後はユース出身者も徐々に増えた。…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです