メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西野Jのトレンド

サッカー/2 出身所属の変化 ユース組、徐々に増え

W杯各大会の日本代表選手の出身母体

 サッカー日本代表のワールドカップ(W杯)初出場から今回のロシア大会で20年。Jリーグが始まった1993年からも四半世紀が過ぎ、日本代表選手の最終出身母体(プロになる直前の所属)も変化してきた。

 98年フランス大会はユース(プロクラブの下部組織)出身者はブラジルで育ったFW呂比須のみ。大学出身が11人で、高校出身の10人より多いのが時代を表している。

 Jリーグが各クラブに育成プログラムの展開を義務づけたことから、その後はユース出身者も徐々に増えた。…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文474文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. サウジ記者殺害 CIA「皇太子が殺害を指示」 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです