メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の名の下に・旧優生保護法を問う

/1 厚生官僚「優生」放置 「矛盾感じたが」動かず

「優生手術について課内で議論になったことは一度もない」。厚生省精神衛生課技官だった男性が言った=東京都内で2018年4月26日、上東麻子撮影

 旧厚生省の公衆衛生局長が1973年、旧優生保護法が強制不妊手術を行う根拠を事実上否定していた。70~80年代に同省精神衛生課にいた複数の医系技官(精神科医)やキャリア官僚たちが当時を振り返った。

    ◇

 「あの頃からみんな、古い法律だと矛盾を感じていた」

 70年代に精神衛生課長を務めた精神科医の男性(85)が言った。当時は臨床経験を積んだ医師が技官として入省していた。男性も精神障害者の社会復帰を支援する先駆的なデイケア開発が認められ、招請された。

 精神医療に光が当たっていなかった時代にあって、「差別されている精神障害者を救う」と意欲に燃えていた…

この記事は有料記事です。

残り981文字(全文1258文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです