メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の名の下に・旧優生保護法を問う

/1 欠いた当事者意識 医師官僚、法の矛盾見ぬふり

 旧厚生省の公衆衛生局長が1973年、旧優生保護法が強制不妊手術を行う根拠を事実上否定していた。70~80年代に同省精神衛生課にいた複数の医系技官(精神科医)やキャリア官僚たちが当時を振り返った。

    ◇

 「あの頃からみんな、古い法律だと矛盾を感じていた」

 70年代に精神衛生課長を務めた精神科医の男性(85)が言った。当時は臨床経験を積んだ医師が技官として入省していた。男性も精神障害者の社会復帰を支援する先駆的なデイケア開発が認められ、招請された。

 精神医療に光が当たっていなかった時代にあって、「差別されている精神障害者を救う」と意欲に燃えていた…

この記事は有料記事です。

残り1214文字(全文1492文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  2. 国際秩序の維持 トランプ氏には任せられない
  3. 小田原市職員 「保護なめんな」ジャンパーで受給世帯訪問
  4. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  5. 神奈川 夏の茅ケ崎、みこし海を舞う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]