メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

/1 欠いた当事者意識 医師官僚、法の矛盾見ぬふり

 旧厚生省の公衆衛生局長が1973年、旧優生保護法が強制不妊手術を行う根拠を事実上否定していた。70~80年代に同省精神衛生課にいた複数の医系技官(精神科医)やキャリア官僚たちが当時を振り返った。

    ◇

 「あの頃からみんな、古い法律だと矛盾を感じていた」

 70年代に精神衛生課長を務めた精神科医の男性(85)が言った。当時は臨床経験を積んだ医師が技官として入省していた。男性も精神障害者の社会復帰を支援する先駆的なデイケア開発が認められ、招請された。

 精神医療に光が当たっていなかった時代にあって、「差別されている精神障害者を救う」と意欲に燃えていた…

この記事は有料記事です。

残り1214文字(全文1492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  2. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  3. 少年野球のバス、土手から転落 19人が軽いけが 福岡・うきは市

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです