メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

働き方法案

参院で審議入り 与党、会期延長で成立狙う

参院本会議で働き方改革関連法案の趣旨を説明する加藤勝信厚生労働相。奥は伊達忠一議長=国会内で2018年6月4日午前10時7分、川田雅浩撮影

 安倍政権が今国会の最重要課題とする働き方改革関連法案が4日午前、参院本会議で審議入りした。立憲民主党などの野党は、法案の柱の一つで高収入の一部専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)に反対で、成立を阻止する構えだが、政府・与党は20日までの国会会期を延長する方針で、法案成立の公算が大きい。

 加藤勝信厚生労働相は、趣旨説明で「働く方がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現することが重要だ」と述べた。また、安倍晋三首相は高プロについて「高い付加価値を生み出す経済を追求していかなければならない。高い年収の確保や職務範囲の明確化などの要件を設定し、自律的に働くことができる高プロを働き方の選択肢として整備することが必要だ」と強調した。自民党の石田昌宏氏への答弁。

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです