メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

研究発表

「汚れた物は食べません」類人猿のボノボも

リンゴを使った実験で、汚れがないリンゴに手を伸ばすボノボ=京都大提供、共同

 人間と同じように、類人猿のボノボも、ふんなどで汚れた食べ物には手を付けず避ける傾向があることが分かったと、京都大のアンドリュー・マッキントッシュ准教授のチームが4日付の国際学術誌電子版に発表した。

 チームによると、人間や動物には、病原菌などが体内に侵入するのを防ぐため、汚い物には嫌悪感を抱き、回避する「適応システム」が備わっていると考えられている。

 ボノボはチンパンジーと同じく人間に最も近い霊長類。チームは「人が進化の過程で、どのようにこうした機能を獲得してきたのかを知る手掛かりになる」としている。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  5. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです