メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どろんこ祭り

新婚さんも親子も 1万人が泥まみれに

「どろんこ結婚式」では真っ白なウエディングドレス姿の花嫁たちもためらいなく走った=群馬県高崎市吉井町多比良の田んぼで、2018年6月3日、西銘研志郎撮影

 田植え前の田んぼで障害物競走やウナギのつかみ取りなどに挑む「吉井どろんこ祭り」(実行委主催)が3日、高崎市吉井町多比良(たいら)であり、約1万人の参加者は、泥まみれになりながら各競技やイベントを楽しんだ。

 この祭りは「泥遊びを通して親子に楽しい思い出を作ってもらいたい」という思いから、実行委事務局長で田んぼの所有者の岡部重成さん(64)らが始めた。今年で開催15回目となるのを記念し、今回は、新婚や近く結…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです