メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

難波田城公園まつり

セルビア大使も「サムライ」姿で参加

よろいを身につけ、銃士らの演武に見入るセルビアのネナド・グリシッチ駐日大使(中央)=埼玉県富士見市下南畑の難波田城公園で2018年6月3日、橋本政明撮影

 埼玉県富士見市下南畑の難波田(なんばた)城公園で3日、城跡に火縄銃の銃声が響き渡る「難波田城公園まつり」が行われた。セルビアのネナド・グリシッチ駐日大使が特別出演し、祭りを盛り上げた。

 大使は祭りのメインイベントの火縄銃演武に大目付役として鎧(よろい)姿で登場。10人の銃士が掛け声とともに一斉に発射すると、ごう音を響かせ火煙が舞い上…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. 7カ月乳児が市営住宅9階から転落死 母親を殺人容疑で逮捕 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです