G7財務相会議

議長総括、異例の名指し米国批判

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で米国を批判するカナダのモルノー財務相(右)。左はカナダ銀行のポロズ総裁=カナダ西部ウィスラーで2日、ロイター
記者会見で米国を批判するカナダのモルノー財務相(右)。左はカナダ銀行のポロズ総裁=カナダ西部ウィスラーで2日、ロイター

 【ウィスラー(カナダ西部)清水憲司】日米欧の主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議は2日(日本時間3日)、カナダ西部ウィスラーで討議を終え閉幕した。議長国カナダは、米国の鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限をめぐり「ムニューシン米財務長官に(米国を除く)全員一致の懸念や失望を伝えるよう要請した」との議長総括を発表。6カ国がトランプ米大統領に撤回を迫るとともに、8日開幕のG7首脳会議(サミット)での協議を求めた。

 議長総括は「友好国や同盟国に対し国家安全保障を理由に米国が課した関税措置は、開かれた貿易や世界経済システムの信頼性を損なう」として米国を厳しく批判。「G7の協調と協力が危険にさらされている」とも指摘し、トランプ政権の保護主義政策がG7の結束を大きく損ねているとの認識を示した。G7が声明でメンバー国を名指しで批判するのは極めて異例だ。

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1609文字)

あわせて読みたい

注目の特集