カタール断交1年

関係修復兆し見えず アラブ内紛長期化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
カタールをめぐる国際関係図
カタールをめぐる国際関係図

 【カイロ篠田航一】サウジアラビアなどが昨年6月5日にカタールと断交してからまもなく1年を迎える。関係修復の兆しが見えない中、カタールは5月にサウジなど4カ国で製造された商品の輸入・販売の禁止を発表した。国際社会の仲介努力とは裏腹に、同じアラブ国家間の内紛は長期化している。

 サウジ、エジプト、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンの4カ国は昨年6月、「カタールがテロ組織を支援し、イランに接近している」ことを理由にカタールとの断交を発表し、空路や陸路を封鎖した。カタールはサウジと同じイスラム教スンニ派国家だが、近年はシーア派国家イランと連携してペルシャ湾の海底ガス田の共同開発に乗り出すなど「親イラン姿勢」が目立っており、断交はイランと敵対するサウジが主導したとみられている。サウ…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文857文字)

あわせて読みたい

注目の特集