メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊戦

文裕、読み勝ち2勝目 第3局

 秋田県能代市の旧料亭金勇で2日に始まった第73期本因坊決定戦七番勝負第3局(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、大和証券グループ協賛、本因坊戦能代市実行委協力)は3日午後7時34分、本因坊文裕(もんゆう)(29)=井山裕太九段=が挑戦者の山下敬吾九段(39)に244手で白番中押し勝ちし、対戦成績を2勝1敗とした。残り時間は山下2分、文裕2分。第4局は12、13の両日、大阪府吹田市のホテル阪急エキスポパークで打たれる。

 立会の二十四世本因坊秀芳=石田芳夫九段=が読み上げた山下の封じ手は「11の十六」だった。検討陣も意…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文687文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです