特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はや2くんの冒険日誌

(4)リュウグウは一体どんな姿をしているのかな?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=イラスト・小野瀬直美
=イラスト・小野瀬直美

 はや2くんは小惑星リュウグウにどんどん近づいていくね。リュウグウは一体どんな姿をしているのかな? 遠くから見ただけではわからなかった詳細な画像が、もうすぐ見えてくるんだよ。ぼくも楽しみだったなぁ。ぼくが出かける時には「小惑星イトカワは東京タワーくらいの大きさの、長細い形だよ」とだけ聞かされていた。でも、イトカワに近づくにつれ、予測もしていなかったその変てこりんな姿が、どんどん明らかになっていったんだ。

 小惑星探査に出かける時には、まず、行ける小惑星を探すところから始まるんだ。地球と小惑星との軌道の違いを片っ端から調べ上げて、地球から宇宙へと打ち上げてくれるロケットさんの力と自分が積んでいくエンジンなどの力を合わせて行けるところを探すんだ。ぼくやはや2くんのようにサンプルを持ち帰るミッションだと、帰りの分も考えなきゃいけないから、さらに難しいね。

この記事は有料記事です。

残り2742文字(全文3120文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集