メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メモリアル・トーナメント

[速報]松山は通算10アンダー13位タイでフィニッシュ(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

メモリアル・トーナメント 最終日

PGAツアー第31戦 メモリアル・トーナメント/オハイオ州 ミュアフィールド・ビレッジGC

 ダブリン(オハイオ州)で開催されたメモリアル・トーナメント。日本人選手は松山英樹、小平智、宮里優作、池田勇太の4人が出場していたが、小平は予選落ちし、池田は3日目終了時点で70位以内に入れず、最終日に進めなかった。松山は通算10アンダー13位タイ、宮里は通算2オーバー70位タイでフィニッシュした。

MORE:メモリアル・トーナメントの最新スコアはここをクリック!

 松山は通算9アンダー7位タイで最終日を迎え、この日も1番スタート。3番パー4でボギーが先行し、8番パー3でもボギーが続いたが、9番パー4でバーディを取り返し、前半を1オーバーで折り返した。

 後半に入ると、11番パー5と14番パー4でバーディを加えたが、17番パー4をボギーとした。その後、18番パー4をバーディで締めくくった。

 結局、この日のスコアは4バーディ、3ボギーの1アンダー71。通算10アンダー13位タイでフィニッシュした。

 宮里は通算2アンダー58位タイで最終日を迎え、5バーディ、9ボギーの4オーバー76でプレー。通算2オーバー70位タイだった。

ブライソン・デシャンボーがプレーオフを制し、勝利を手にした Photo by Stan Badz/PGA TOUR

 優勝したのはブライソン・デシャンボー(米国)。通算15アンダーでアン・ビョンフン(韓国)とカイル・スタンリー(米国)の2人と並び、プレーオフに突入。2ホール目のバーディで勝利を手にした。

 首位と1打差の通算14アンダー4位に、パトリック・カントレー(米国)が入った。カントレーは通算13アンダー2位タイで最終日を迎えたが、1アンダー71で1打及ばなかった。

 首位と2打差の通算13アンダー5位はピーター・ユーライン(米国)。6アンダー66をマークしたが、優勝には手が届かなかった。

 出場選手の中で世界ランキング最上位(1位)のジャスティン・トーマス(米国)は、通算7アンダー21位タイで最終日を迎え、4アンダー68でプレー。通算11アンダー8位タイでフィニッシュした。

 トーマスに世界ランキング1位の座を奪われた2位のダスティン・ジョンソン(米国)は、通算6アンダー28位タイで最終日を迎え、5アンダー67でプレー。同じく通算11アンダー8位タイだった。

 元世界ランキング1位のタイガー・ウッズ(米国)は、通算9アンダー7位タイで最終日を迎えたが、イーブンパー72だった。通算9アンダー23位タイで今大会を終えた。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです