米朝首脳会談

現地時間「午前9時開始」 報道官発表 米の中継意識か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】米ホワイトハウスのサンダース報道官は4日の記者会見で、12日にシンガポールで開催する米朝首脳会談について「現地時間の午前9時(日本時間午前10時)に開始する予定だ」と明らかにした。トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との史上初となる米朝首脳会談に向け最終調整が続いているとし、「良い方向に推移している」と述べた。

 首脳会談について米政府はこれまで「1日間の協議を予定しているが、状況によっては延長される」(ポンペオ国務長官)と説明してきた。午前中の早い時間に開始することで、十分な協議時間を確保する狙いがあるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文749文字)

あわせて読みたい

注目の特集