メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・すたこら

レンズ越しの世界

 「雨粒に包まれた窓の方が、私にとっては有名人の写真より面白い」。ニューヨークを代表する写真家ソール・ライターの一言。その言葉を表すように、彼の作品には、ぬれた地面や傘など雨に関係するものが頻繁に登場する。華やかなものより、身近なものを。たまたま写真展で出合った言葉だが、心に留まり続ける。

 半年前、その言葉がきっかけでカメラを始めた。父に似て形からはいる私は本格的な一眼レフ。慣れない操作に苦しみながらも、ファインダー越しに見える世界に驚いた。今まで見ているだけで疲…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです