メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 農村、にぎわい実れ 避難指示解除の福島5町村、学生ら稲作体験

泥だらけになりながら苗を植える大学生ら=福島県浪江町で5月、喜屋武真之介撮影

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が解除された福島県内の農村で、地域外の大学生らが稲作を体験し、地元住民と交流するイベントが盛んだ。自治体や住民らが主催し、今春は5町村で400人以上が田植えに参加。長期避難や後継者不足が響き、解除地域の作付面積は事故前の2割に満たない中で、古里再生を目指す農家の励みになっている。【尾崎修二】

 休耕田が広がる浪江町酒田地区。5月19日、水を引いた田んぼに手で苗を植える大学生らの笑い声が響いた。「みんな楽しそうだ。見てておもしれえ」。同町の農家、松本清人さん(79)は笑った。

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです