メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 農村、にぎわい実れ 避難指示解除の福島5町村、学生ら稲作体験

泥だらけになりながら苗を植える大学生ら=福島県浪江町で5月、喜屋武真之介撮影

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が解除された福島県内の農村で、地域外の大学生らが稲作を体験し、地元住民と交流するイベントが盛んだ。自治体や住民らが主催し、今春は5町村で400人以上が田植えに参加。長期避難や後継者不足が響き、解除地域の作付面積は事故前の2割に満たない中で、古里再生を目指す農家の励みになっている。【尾崎修二】

     休耕田が広がる浪江町酒田地区。5月19日、水を引いた田んぼに手で苗を植える大学生らの笑い声が響いた。「みんな楽しそうだ。見てておもしれえ」。同町の農家、松本清人さん(79)は笑った。

     学生の稲作体験は町が2年前に始めた。被災地の現状を知ってもらい、地域の活性化につなげることが狙いで、この日は学生約60人が汗を流した。学生は稲刈りも体験し、11月に開かれる町の祭りで収穫した米を販売する。

     初めて訪れた早稲田大の中島佑陽さん(18)は「農家さんの努力を感じたし、後継者不足など難しい課題も教えてもらった」。松本さんは「農作業を通して、若者たちに何かを感じてもらえたら」と期待する。

     避難指示が解除された地域では、販売目的の稲作が可能になった。県は県産米の全量全袋検査をしており、放射性セシウムの基準値を超えたケースは2017年産まで3年連続でゼロだった。だが、避難指示解除後も住民の帰還は進まず、高齢化や後継者不足の影響もあり、作付けを再開した農家は少ない。15~17年に避難指示が解除された富岡、浪江、飯舘、葛尾、楢葉5町村と南相馬市小高区、川俣町山木屋地区の今春の作付面積は震災前の1%未満~14%にとどまる。

     飯舘村で農業を営んでいた会田征男さん(73)も先月19日、社会人や学生ら32人と田植えをした。4月に妻と避難先から自宅に戻ったばかり。「食べ物を作っても売れるか分からない」と稲作をあきらめ、田んぼはチューリップなどの花畑にするつもりだった。しかし、交流するボランティア団体から田植えを提案された。「外の人が村に来てくれれば、いつか何かのきっかけになるかもしれない」。収穫する米は参加者に配り、味わってもらうつもりだ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
    3. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
    4. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に
    5. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]