メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
認知症

アプリで発見 センサー使い歩行障害判定

測定テストの画面=デジタル・スタンダード社提供

 スマートフォンのアプリで認知症の初期症状を発見できます--。大阪市北区のシステム開発会社「デジタル・スタンダード」が医師と共同で、歩行テストの時間や加速度を測定することで歩行障害を判定できる無料アプリを開発した。高齢化社会が加速する中、早期発見により症状の改善などが期待される。

 従来は、椅子から立ち上がって歩き3メートルの距離のところでUターンして座るまでのタイムを計る「TUG」という歩行テストが主流だった。今回開発したアプリ「iTUG」はスマホ内蔵のセンサーで歩行時の前後、上下、左右の…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです