メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大観を語る

海部宣男さん(国立天文台名誉教授) 壮大な立体感

 ハレー彗星(すいせい)は、ほぼ76年ごとに太陽に近づきますが、地球との位置関係により、よく見える場合と見えない場合があります。この絵の1910年の大接近では、地球がその尾の中を通るというので彗星の毒素で生物が死滅するなどの流言が飛び、世界中で騒ぎが起きました。実際、地球はハレー彗星の尾をかすめたので、その前後には長大な…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  3. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです