メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

朝ラーメン 静岡・藤枝 茶業者のニーズ根付く

マルナカの冷やしラーメン(手前)と中華そば=静岡県藤枝市のマルナカで、島田信幸撮影

 朝食にラーメンはややミスマッチと思う人もいるかもしれない。だが、静岡県中部の茶どころ・藤枝市ではそうではない。4月からの新茶シーズンは、農家や問屋が未明や早朝から仕事をする。このため茶業者が腹ごしらえに朝からラーメンを食べる「朝ラー」文化が根付いたのだ。

 その発祥店とされるのが市の中心部にある1919年創業の「マルナカ」だ。午前8時半の開店と同時に店の駐車場が次々と埋まり、午前9時には10人以上の客がラーメンをすすっている。3代目店主の小栗孝昌さん(58)が言う。「今は茶業者に限らず老若男女さまざまなお客さんに来ていただいています」

 初代の喜一さんが屋台から始め、店を構えたのは戦前の36年のことだ。70年代から茶業者のために朝に開…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1237文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです