メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

朝ラーメン 静岡・藤枝 茶業者のニーズ根付く

マルナカの冷やしラーメン(手前)と中華そば=静岡県藤枝市のマルナカで、島田信幸撮影

 朝食にラーメンはややミスマッチと思う人もいるかもしれない。だが、静岡県中部の茶どころ・藤枝市ではそうではない。4月からの新茶シーズンは、農家や問屋が未明や早朝から仕事をする。このため茶業者が腹ごしらえに朝からラーメンを食べる「朝ラー」文化が根付いたのだ。

 その発祥店とされるのが市の中心部にある1919年創業の「マルナカ」だ。午前8時半の開店と同時に店の駐車場が次々と埋まり、午前9時には10人以上の客がラーメンをすすっている。3代目店主の小栗孝昌さん(58)が言う。「今は茶業者に限らず老若男女さまざまなお客さんに来ていただいています」

 初代の喜一さんが屋台から始め、店を構えたのは戦前の36年のことだ。70年代から茶業者のために朝に開…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1237文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです