メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スズキ漁

再開 漁業復興へ弾み 県沖 /福島

 いわき市漁協と相馬双葉漁協(相馬市)は1日、東京電力福島第1原発事故の影響で中断していた県沖のスズキ漁を再開した。魚種と海域を絞った試験操業の一環で、放射性物質の検査後に出荷する。

 県沖は暖流と寒流がぶつかる好漁場で、水揚げされる魚介類は「常磐もの」として人気が高かった。これで出荷制限されていた主要魚種全ての漁が復活。風評被害に負けず、漁業復興の弾みとしたい考えだ。

 いわき市では未明から早朝にかけ、各漁港から底引き網漁船や釣り船26隻が出漁。スズキの水揚げは2匹だ…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  5. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです