ラグビークリニック

立教大ラガーマン、高校生を指導 練習支援 /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 高校生ラガーマンの練習を支援しようと、立教大ラグビー部は3日、同大富士見総合グラウンド(富士見市下南畑)で、県立所沢北高と川越東高の選手計83人にラグビークリニックを初めて行った。ラグビーを通した地域密着で部をPRするとともに、高校生に教える事で大学生の技術向上を図る狙いもある。

 同大からは部員ら約80人が参加。高校生は3グループに分かれて、攻撃の技術やキックからの攻撃などを教わった。大学生から「自分…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集