企画展

「明治の青梅」を紹介 近代化、生活の変遷 郷土博物館 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 青梅市の釜の淵公園にある郷土博物館で企画展「明治時代の青梅-近代化と人々の生活-」が開催中だ。当時の暮らしぶりの分かる収蔵品や市内の旧家に伝わる資料など約150点を展示している。

 街道の宿場町だった青梅は、明治に入り高機(たかはた)の普及などで織物業で栄えた。その産業の変遷を紹介する。観光のコーナーでは…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

あわせて読みたい

ニュース特集