メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホテル

大阪市で開発ラッシュ 訪日外国人増、追い風に 1年で70軒増、中央区の開業目立つ /大阪

大阪ビューホテル本町の開業セレモニーでテープカットする関係者ら=大阪市中央区本町で、山本夏美代撮影

地域活性化や交流に期待

 訪日外国人客の増加などを追い風に、大阪市でホテルの開発ラッシュが続いている。市によると、今年3月末現在で営業許可を受けているのは411軒で、1年間で約70軒増えた。特に中央区での開業が目立つ。ビジネス街の「船場エリア」では先月、新たに大阪ビューホテル本町がオープンした。大型商業施設も多い「梅田エリア」では、JR大阪駅北側に今月6日、ホテルヴィスキオ大阪が新設される。ホテル開業に伴い、ビジネス街にも新たなにぎわいが生まれそうだ。【山本夏美代】

 「都市部から観光ホテルを展開したい。眺望の良さやくつろげる空間づくりなど、大阪に必要とされるホテルを目指す」

この記事は有料記事です。

残り1251文字(全文1540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです