メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無戸籍

県内に9人、法務局調査 弁護士会と支援協設立 /奈良

 親の事情などで自治体に出生届が出されず、「無戸籍」で放置されている人が県内に少なくとも9人いることが、奈良地方法務局の調査で分かった。同局や奈良弁護士会などは4日、「県無戸籍者支援協議会」を設立し、本格的な支援に乗り出すことを決めた。

 同局によると、2014年10月~今年5月の調査で、県内で無戸籍者14人を確認。うち5人は戸籍に登録したが、9人は現在も…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  2. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 富田林署逃走 捜査かく乱か ひったくり携帯投棄の疑い
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです