メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

架空請求詐欺

新手口 前年度比77倍、「無視」呼びかけ 17年度県内被害まとめ /香川

記者の携帯電話に届いた架空請求とみられるショートメッセージサービス(SMS)=岩崎邦宏撮影

「アマゾン」名乗るSMS/法務省かたるハガキ送付

 米インターネット通販大手「アマゾン」や公的機関をかたる架空請求詐欺が県内で急増している。県消費生活センター(高松市)などに2017年度に寄せられた相談は前年度の約77倍にもなる1762件に上った。サイト閲覧中にリンクをクリックすると料金を求められる「ワンクリック請求」などは減っており、新手の手口が横行している現状が浮かぶ。【岩崎邦宏】

 県消費生活センターと県内4カ所の県民センターに17年度、アマゾンを名乗るSMSが届く被害の相談は4…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文748文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです