メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

補正予算案 「健康寿命日本一に」 事業費1200万円含む36億円 /長崎

 県は、健康問題で日常生活が制限されることなく生活できる「健康寿命」を日本一の水準に引き上げるための事業に乗り出す。現在は男女とも全国平均を下回っており、大学や商工団体とも連携しながら県民の主体的な健康づくりを推進する。事業費約1200万円を盛り込んだ今年度一般会計補正予算案を、6月定例県議会に提案する。

 県国保・健康増進課によると、2016年の県の健康寿命は男性が71・83歳(全国平均72・14歳)で…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです