メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

森友学園 国有地売却文書改ざん 財務省報告書(その1) 不正、忖度透ける

記者会見で配布される財務省決裁文書改ざん問題に関する調査結果の文書=財務省で4日、宮間俊樹撮影

 財務省が4日、公表した学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書の改ざんや交渉記録の廃棄問題の調査報告書。昨年2月の安倍晋三首相の国会答弁が不正の発端となったことをうかがわせる内容が盛り込まれたが、焦点となった首相周辺への「忖度(そんたく)」の有無について直接は踏み込まなかった。身内による調査の限界を露呈した形で、多くの謎が残ったままとなった。

この記事は有料記事です。

残り1993文字(全文2171文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ヘンリー王子夫妻引退 厳しい条件「自由の代償」英メディア分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです