メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州

ユダヤ人襲撃多発 中東情勢の悪化背景に 独、目立つアラブ系犯行/仏、「祖国」へ移住顕著に

パリのユダヤ人居住区を歩く、伝統的な黒い帽子とコートを身につけたユダヤ教正統派の男性(左)=パリのマレ地区で5月29日、賀有勇撮影

 欧州でユダヤ人を狙った襲撃事件や嫌がらせ事案が多発し、問題となっている。ユダヤ人差別は従来、極右やネオナチなどの問題とされてきたが、近年ではイスラエルに反発するアラブ系住民・難民やイスラム過激思想に感化された者による犯行が目立つ。危険を避けようと欧州からイスラエルへのユダヤ人の移住も増加し、ユダヤ人社会には不安が広がっている。【ベルリン中西啓介、パリ賀有勇】

 ドイツの首都ベルリンで4月17日、「キッパ」と呼ばれるユダヤ教徒の帽子をかぶった男性(21)に対し…

この記事は有料記事です。

残り1247文字(全文1478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 職員2700人、給与額流出 ほぼ全員分、住所や学歴情報も 青森・弘前市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです