メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

規制改革推進会議

答申 放送局に変革要求 通信との融合見据え

 政府の規制改革推進会議が4日に提出した答申は、放送番組の政治的公平性などを定めた放送法4条の撤廃を盛り込まなかった。3月に判明した政府の改革原案は、インターネット通信事業者の参入促進を狙い、4条など放送を巡る規制の撤廃を提示。反発した民放の警戒が続いていたが、落ち着いた格好だ。ただ、放送と通信との融合などを見据え、放送局側に従来のビジネスモデルの変革を求めた。

 答申には、コンテンツの国際流通で放送事業者の競争力強化を図る課題が並んだ。現在の放送界を「国内市場に閉じて組み立てられている」と指摘。「放送と通信の枠を超えたビジネスモデルの構築」が必要として、番組のネット同時配信の推進▽NHKと民放による番組配信の共通プラットフォーム構築--などを挙げた。放送局と制作会社の取引の適正化なども提言した。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文655文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです