メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

失墜

ゆがんだ最強官庁/上 エリート集団、おごり 危機対応読み違え 財務省、組織の論理優先

 「お答えは差し控えさせていただきたい」。学校法人「森友学園」を巡る問題で決裁文書の改ざん疑惑が報じられた3月2日、国会の野党合同ヒアリングに出席した財務省理財局の中村稔総務課長=停職1カ月=は、消え入りそうな声で答えた。自らが関与し、1年以上伏せ続けてきた文書改ざん。野党の追及に中村氏の視線は宙をさまよい、顔からは汗が噴き出していた。

 当事者の動揺をよそに疑惑の報道直後、省内は意外なほど落ち着いていた。ある幹部は「今回の問題は乗り切…

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1380文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです