メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

フェイスブックが探る「未知」=国際公共政策研究センター理事長 田中直毅

 5月25日から欧州連合(EU)では一般データ保護規則(GDPR)が施行となった。個人データの保護に関する格段の進展と目され、技術進歩に伴う負の側面が是正されると期待される。

 しかし他方で社会の革新が妨げられたり、新たなゆがみが発生したりする恐れもありえよう。GDPRの立ち上がりに合わせるように米フェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグ氏が欧州議会を訪れ、偽ニュースや個人情報の不正利用に関する不十分な自社の対応について謝罪した。そしてフェイスブックのセキュリティー部門の職員を2万人以上に倍増させるとの方針を示した。これで問題群は解消するのか。

 ソーシャルメディアでは情報処理のアルゴリズム(演算方式)を先行的に決める。ネット上のサービスの基盤となるオンラインのプラットフォームでは、例外的な事例に関心が偏りがちだ。新聞人は偏りを正すべく、「犬が人をかんでも記事にならないが、人が犬にかみつけば記事になる」という事例を示し、職業人としての戒めとした。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです