メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毛髪再生

「種」移植の技術 実用化へ、動物実験開始

 脱毛症治療の再生医療に向け、理化学研究所と再生医療ベンチャーのオーガンテクノロジーズ(東京都港区)は4日、髪の毛を作る「毛包」という器官を人工的に大量に作る技術を確立し、来月から安全性を確かめる動物実験を始めると発表した。患者の幹細胞を培養して作った毛包の「種」を頭部に移植し、毛髪を再生させる。来年にも臨床研究を開始し、2020年の実用化を目指す。

 治療の対象はホルモンが影響する男性型脱毛症。全国に1800万人以上の患者がいるとされる。理研生命機…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文495文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立てこもり 刃物?持った男が代々木の居酒屋で
  2. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  3. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  4. アイス ピノがCMをやめた理由
  5. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]