メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飼育ノート

鳥羽水族館 まるでクモ? イセエビ幼生

透明で平たい形をしたイセエビの幼生。体長は最大で30ミリほど

 「え? これがイセエビの赤ちゃん?」。展示水槽をのぞきこみ、多くの方はこうびっくりされます。無理もありません。親と子でこんなにも姿形が違う生き物も、そういないでしょう。

 イセエビの赤ちゃんは「フィロソーマ幼生(葉形幼生)」と呼ばれ、葉っぱのような平たい形をしています。体はガラス細工のように透明で、足を伸ばした姿はクモのようにも見えます。

 イセエビは春から夏にかけて産卵し、約30日でふ化します。生まれたばかりのフィロソーマ幼生は体長1.5ミリほどしかありません。海流に乗って海を漂いながら、約1年間をこの奇妙な格好のまま過ごします。この間に脱皮を約25回繰り返し、体長30ミリほどにまで成長します。その後の脱皮でようやく、私たちが見慣れたイセエビの姿へと変態するのです。

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 視聴室 世界を変えた女の子

  5. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです