メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飼育ノート

鳥羽水族館 まるでクモ? イセエビ幼生

透明で平たい形をしたイセエビの幼生。体長は最大で30ミリほど

 「え? これがイセエビの赤ちゃん?」。展示水槽をのぞきこみ、多くの方はこうびっくりされます。無理もありません。親と子でこんなにも姿形が違う生き物も、そういないでしょう。

 イセエビの赤ちゃんは「フィロソーマ幼生(葉形幼生)」と呼ばれ、葉っぱのような平たい形をしています。体はガラス細工のように透明で、足を伸ばした姿はクモのようにも見えます。

 イセエビは春から夏にかけて産卵し、約30日でふ化します。生まれたばかりのフィロソーマ幼生は体長1.…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文498文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです