八ツ橋

「創業元禄二年 根拠ない」 「井筒」が「聖護院」提訴

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
のれんに「創業元禄二年」と記している「聖護院八ツ橋総本店」の本店=京都市左京区で
のれんに「創業元禄二年」と記している「聖護院八ツ橋総本店」の本店=京都市左京区で

 京都銘菓・八ツ橋の大手「聖護院八ツ橋総本店」(京都市左京区、鈴鹿且久社長)が元禄2(1689)年創業をうたうのは虚偽だとして、ライバル店の老舗「井筒八ツ橋本舗」(同市東山区、杉野善彦社長)が4日、創業年などの表示をやめ、600万円の損害賠償を支払うよう求めて京都地裁に提訴した。

 八ツ橋は、京都市の調査で観光客の4割が購入している定番商品で、市場規模は100億円に上るとされる。

 「聖護院」は商品の説明書きやホームページで、八ツ橋の誕生は元禄2年で、江戸時代の箏(そう)曲の祖・八橋検校(けんぎょう)にちなんで琴に似せた菓子が寺院・聖護院の周辺で売られたと記載。同社は320年以上、八ツ橋を作り続けているとしている。包装などには「創業元禄二年」「since1689」の表示がある。

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文499文字)

あわせて読みたい

ニュース特集