メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウナギ

「石倉かご」をすみかに 平塚のNPO調査

3月に設置した石倉かご=暮らし・つながる森里川海提供

 環境保全活動などに取り組む神奈川県平塚市のNPO「暮らし・つながる森里川海」は、同市馬入の相模川右岸近くに設置したウナギのすみかとなる「石倉かご」と間伐材を使った魚礁の分解を公開し、約50センチに成長したウナギなど約20匹を確認した。同会は今後も調査を継続し、相模川のウナギの詳しい実態を調べていく。

 石倉かごは、樹脂製の網のカゴに数十センチの石を詰め込み、サイズは縦横約1メートル、高さ約50センチ。県水産技術センター内水面試験場(相模原市)が考案した間伐材魚礁は、石や間伐材を詰めた約50立方センチメートルの木枠4個を連結した。いずれもウナギが狭い所を好むため、石のすき間に誘い込むように作られている。同会が国の許可を得て今年3月、ウナギがすむ自然環境を作り出すため、入り江のように水がよどんでい…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  2. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  3. よみがえった清水寺「寛永の姿」に 4年かけ本堂や舞台など大修理 京都

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです